個人事業主と会社設立

それまでの会社勤めを辞め、独立して新たに何かを始めようとするとき、個人事業主として行うのか、あるいは会社にするのかという選択肢があります。もちろん、事業の規模にもよりますが、後々のことを考えるのなら、やはり会社として始めるほうがメリットが大きいのです。

会社設立のメリットとしては、まずは費用面です。例えば、生命保険や火災保険などは、個人事業主の場合は、経費として認められませんが、会社であれば経費として扱えます。また、家族や親せきなど親族で経営している場合も、会社であればその人件費は経費となります。このように、会社の場合は支出のほとんどを経費として計上できるため、税金の負担が軽減されるのです。

他にも、青色申告をしておけば、会社の場合であれば赤字を翌年以降に繰り越すことができます。これは最大9年間繰り越せますから、会社設立のほうが断然有利となるのです。また、資本金1,000万円未満の会社を設立した場合は、消費税が2年間免除となりますし、銀行などからの借入をする際も、信頼度がまったく違います。また、税率や補助金なども会社であれば優遇されますので、やはり個人事業主で事業を行うよりも、会社を設立して事業を始めるほうが賢い選択と言えるのです。