代行サービスの利用

会社設立に当たっては、書類の作成や手続きなどが発生します。ただ、こういったものはかなり複雑で、法律に準じたものとなりますので、専門家でなければ手が付けられないと言ったものばかりです。会社設立は法律にのっとって勧められますので、やはり法の専門家である会計事務所に相談するのがいいでしょう。

会計事務所では会社設立代行サービスを設けているところがあります。煩わしい手続きなどを代行してくれますので、不備や不具合もなくスムーズに会社設立ができるのです。個人で手続きを行うと特に税金面での対策不足となってしまいます。その結果、赤字を繰り越しできなくなったり、または消費税の節税なども忘れがちになり、税金の負担が数十万円から数百万円も変わってくる場合があるのです。

会社設立は、とにかく迅速に行う必要があります。特に、登記終了後の税務署への届け出は重要です。これが遅れると、50万円以上の損失が出ることがあるのです。そういう意味でも、会社設立を会計事務所の代行サービスに依頼することでこういった無駄な損失を防ぐことができるのです。会計事務所は法のプロ集団です。会社設立と税金は切っても切れない関係と言えます。会社設立は、そのプロ集団の力に頼るべきでしょう。

会社設立は会計事務所へ

独立して会社設立を決めたとしても、どういった手順で手続きなどを行えばいいのでしょう。まずは準備段階として、会社の商号を決め、その印鑑を作らなければいけません。印鑑は登記申請の際に必要ですし、出来上がるまでに時間がかかりますので、早めに作っておく必要があります。そして役員報酬と資本金の額を決めるのです。ここまでが準備段階です。

さて、このように準備ができたら、いよいよ実践に入ります。会社設立において、もっとも重要なのが定款の作成です。基本的な事項としては、事業目的や本店の所在地を決めます。そして、設立に際しての最低出資額や発起人の氏名と住所、引受株数を記載します。また、発行可能な株式総数を決め、最終的にこの定款を公証役場で認証してもらう手はずとなります。

定款とともに重要なものとして、資本金の払込があります。現在の法律では、資本金は1円でもいいのですが、対外的なことを考えると最低でも100万円は必要でしょう。ここまでくると会社設立の手続きも最終段階となります。つまり、登記です。登記書類の準備を行い、そして法務局へ登記申請をするのです。会社設立はこういった流れになりますが、実際には個人で行えるレベルではありません。会社設立に際しては、まずは会計事務所に相談することをおすすめします。

個人事業主と会社設立

それまでの会社勤めを辞め、独立して新たに何かを始めようとするとき、個人事業主として行うのか、あるいは会社にするのかという選択肢があります。もちろん、事業の規模にもよりますが、後々のことを考えるのなら、やはり会社として始めるほうがメリットが大きいのです。

会社設立のメリットとしては、まずは費用面です。例えば、生命保険や火災保険などは、個人事業主の場合は、経費として認められませんが、会社であれば経費として扱えます。また、家族や親せきなど親族で経営している場合も、会社であればその人件費は経費となります。このように、会社の場合は支出のほとんどを経費として計上できるため、税金の負担が軽減されるのです。

他にも、青色申告をしておけば、会社の場合であれば赤字を翌年以降に繰り越すことができます。これは最大9年間繰り越せますから、会社設立のほうが断然有利となるのです。また、資本金1,000万円未満の会社を設立した場合は、消費税が2年間免除となりますし、銀行などからの借入をする際も、信頼度がまったく違います。また、税率や補助金なども会社であれば優遇されますので、やはり個人事業主で事業を行うよりも、会社を設立して事業を始めるほうが賢い選択と言えるのです。

会社設立は代行サービスで

それまでの会社勤めを卒業し、新たに自分で事業を起こす場合、まずは個人事業主としてやっていくのか、あるいは法人、つまり会社設立を考えるのかという選択があります。こういった場合、規模によってメリットがありますが、将来的な展開を視野に入れておくと、やはり会社設立のほうがメリットが得られやすいのです。

会社設立の場合、まずは費用面で大きなメリットがあります。保険や親族の人件費などが費用として計上できるため、税金面でもかなりの優遇処置とされます。また、欠損の繰り越しも会社であれば、最大9年間繰り越しができますし、他にも銀行や得意先からの信用も変わってきます。このように、個人事業主でスタートし、後に法人として登記するよりも、最初から会社として設立したほうが賢明と言えるでしょう。ただ、この会社設立ですが、色々と複雑で面倒な手続きが多く、個人レベルではかなり難しいのが現実です。

会社設立に関しては、まずは会計事務所に相談することをおすすめします。その上で、会社設立の代行サービスを利用すれば、要らぬ労力を使うことなく会社が設立できるのです。会計事務所の会社設立代行サービスは、立ち上げに際しすべての案件を一括で引き受けてくれるものです。手続きや資料集め、その他の雑用的なことも一切このサービスに任せておけばいいのです。会計事務所は税金のプロ集団です。会社設立後の税金のことも考えると、よい関係を築いておきたいところでしょう。このサイトは会計事務所の会社設立代行サービスについて説明します。